カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

月別アーカイブ

01 | 2009/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
♪                        赤ちゃん連れでも外食したい!食いしん坊一家の赤ちゃんと楽しむ食道楽日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
京料理 福ろく寿 (新宿タイムズスクエア)
新宿高島屋タイムズスクエア内にある京料理屋さんです。

昨日は雨だったためにハゼさんの「こーえん行きたい!」の
ご要望に応えられず、そういう時はたいてい室内の遊び場として
目的もなくタダ何となく高島屋辺りに出没する我が家ですが、
まあ、そんなわけでぶらついた帰りに夕食したのがこちらのお店。


ちなみに何でこのお店に入ったかというとね。


肉が食べたかったんですよ。


それもハンバーグやすき焼きではなく、ステーキが食べたい。
でもね、だったら同じフロアに三田屋があるじゃんとか言わないでね。
あそこの肉はおいしいけれど、あのタマネギ攻めに遭うのはイヤなの。

あくまで「和」な感じの、そこはかとなく上品な牛が食べたい。
そんないたちむらにピッタリなお夕飯がそこにありました。


和牛膳、3480円なり。


付け合わせも、ごま豆腐、聖護院かぶのそぼろ煮、
鯛の刺身湯葉添え、じゃこサラダに赤汁などなど、
いたちむらのこの時の気分にちょうどドンピシャな取り合わせ。
そこに和牛がやわらかく炙ってこられた日にゃーたまりません。
それに、子供のお腹にも優しい食材満載で安心です。


私達夫婦は二人ともこの和牛膳をお願いして、
ハゼさんにはそこから少しずつ取り分けてあげればいいか~と
実に気楽に考えていたのですが、これがそもそもの失敗でした。


なぜって…。それはね、量が少ないからです。


だいたいね、これは京料理でございますよ。
一品だいたいどれくらいの量が出るか想像出来るでしょう。
ごま豆腐にしてもかぶにしても、ちまーちまーと本当にお上品。
これに和牛は小さめの一口大が4きれですからね。
さすがに食べ盛りの2歳児に二人から取り分けていたら
みんなお腹6分目くらいにしかならないのであります。

私達も内心「物足りない…」と思っている中、
ハゼ丸の元気な「おかわり~」コールが鳴り響きまして、
そこへ店員さんの「ご飯のおかわり出来ますよ」とのお言葉。
は、早く言って下さい~、しかし地獄に仏とはこのことかっっ?
おかわりを一杯分頂いてみんなで分けて食べましたが、
それでもまだやはりお腹7分目ないたちむらなのでした。
だってこの私が、お新香まで全部食べきるなんて…ヒモジ…。


しかもあれですよ、ご飯の後にはおしるこが出るんですけどね。
その量がまた、もう想像通り。こんなです。

oshiruko.jpg

参考までに、茶碗はお抹茶用の椀程度の大きさです。
ほとんどハゼ丸のお腹に入っていきました、おしるこ…。
別にこれ、食べかけじゃないですからね(笑)


しかしまあ量はともかくですね、味は良かったです。
どのお料理も本当に薄味お上品で期待通り。
ハゼ丸も大好きなごま豆腐と湯葉にがっついていました。
出来ることなら、和牛膳「腹ぺこさんコース」なるオプションを
プラス500円くらいで作ってもらって、和牛がもう3枚くらいと、
他のお料理が気持ち大きめになるというのがあると良かった~。

多分、その一回り上のランクの石焼き黒毛和牛膳というコースが
確か4800円くらいで、他のおかずが2品ほど加わるんですが、
出来ればそうでなくて、肉の量そのものがもう少し欲しいというか…

あるいはですね、1500円くらいでお子様御膳を作って欲しいです。
そうすればハゼ丸に自分達の分を食い荒らされることもなく…
って、このお店はもともとお子様向けではないですもんね。


いずれにせよ、3400円でおいしい和牛とミニ懐石ですから、
リーズナブルであることは確かだと思うんです。
ただ、はらぺこあおむし世代なお子様連れの場合は、
事前の入念なプランと心構えが必要だということで(笑)


ちなみにお店の雰囲気的にはですね、
白と黒と赤を使った落ち着いた店内で、
和食にありがちな「和」を強調した空間ではまったくなく、
透明アクリル板の仕切り壁とか、大きな窓の向こうに広がる夜景とか、
無機質でクールかつ大人っぽい大胆な感じを醸し出していて、
へーおしゃれー、てなインテリアになっております。

周りの人々も、落ち着いた大人の組み合わせの方々ばかりで、
うちの他には子連れ一家は見あたりませんでした。
どっちかっていうと大人の社交場的な感じ。

もちろん、お子様用椅子とか、専用食器の用意はありません。
(大人用の小皿とデザートスプーン・フォークは出してくれます)
でも、店員さん達がハゼさんにニコニコと声をかけてくれたり、
肉の油が飛ぶとあぶないからと配慮してくださったり、
お子様ウェルカムな感じは十分あるので子連れでも安心です。

まあ、高島屋の中だしね。
赤ちゃん休憩室もおんなじフロアー内にありま~す。
(赤ちゃん休憩室というと、「やってらんねーぜ(スパーッ)」
みたいに休憩してる赤ちゃんを思い出すのは私だけかっ??)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←「この一本のために生きてるよなー。」なアナタもどぞ。

京都 福ろく寿 (きょうと ふくろくじゅ) (京料理 / 新宿、代々木、新宿三丁目)
★★★★ 3.5


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

【2009/02/01 17:26】 | 山手線新宿 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
甘えっ子4歳女児のハゼさんを育児中の働く母。東京在住。

うまいもの・珍しいものを生涯かけて食い尽くすのが夢の食いしん坊夫婦に、がっつき大食い赤ちゃんが加わって、食道楽はさらに加熱中!

赤ちゃんがいてもファミレスでご飯なんて許せない!
赤子連れで行ける外食スポット、お出掛け先の赤ちゃんケアスペース、最近食べたおいしいものをレポートします。


ブログランキング参加中です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

役に立った記事がありましたらぜひぜひ1クリックしてって下さ~い♪

ブログ内検索

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
ゆかいないたち村 にもぜひどうぞ~

cupgasane2.jpg

♪仕事と子育てに追われる毎日を楽しくしたい!寝ない赤ちゃん育児術、離乳食や母乳育児、家事のことなどなど、生活改善レシピをご提案!
育児グッズレビューも満載です♪

「ゆかいないたち村」へGO!

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。