カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

月別アーカイブ

06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♪                        赤ちゃん連れでも外食したい!食いしん坊一家の赤ちゃんと楽しむ食道楽日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
吉祥寺のおしゃれなパン屋さん ダンディゾン
dansdizans.jpg

中央線沿線に住んでいるいたち家は、休日ともなると
たいてい出掛けるのは吉祥寺か新宿です。
特に吉祥寺はなんとなくほわわんとしていて、おしゃれな中に
程良い安心感。子連れには安らぐ街なのであります。

今日紹介するパン屋さん「ダンディゾン」は
そんな吉祥寺の東急通りを奥へ入っていったところにある、
ひっそりした隠れ家的お店です。

何が隠れ家的って、もちろんお店の場所そのものが多少
見つかりにくい所にあるというのも一つの理由なんですが、
それよりも店構えがパン屋さんとは思えない感じなんです。

緩めのスロープ階段を降りていったところにある大きな
木製の自動ドアが開くと、そこにあるのはまるで
おしゃれな洋服かジュエリーでも売っているのではないか、
はたまた新手のリラクゼーション系サロンではないか、
と思わせるようなクールな店構え。

でも、パン屋さん、なんです。

この店構えについては、たいてい初めて見る人はびっくりし、
パン屋としてどうなのかという意味で賛否両論あるスタイルだ
とは思いますが、いたち家としては、けっこう好きなんです。

せっかく吉祥寺なんだから、たとえパン屋だろうと何だろうと、
少し目を楽しませてくれる斬新なものがあるのは、
決して悪いことではないのではないかと…

基本的に店内のあのクールな感じ、およそ食品を売っている
とは思えないあの雰囲気の中に、焼きたてのパンの良い香りが
漂っている、そのギャップが面白いと個人的に思います。

でも大切なのは、やっぱり味。

そうです。お店がおしゃれでもパンの味がおいしくなければ
話になりません。それではその味はどうなのかと。

素朴な中にも個性的な味。
一つ一つのパンが、他のパン屋さんではあまり見かけない
ような自己主張をしている、とでもいいましょうか。

好みで言ったら、いたちむらはここのパンが好きです。
特にバターのたっぷり使われた、プレーン系のパンの芳醇さには、
何度も食べているわりにはそのたび驚きます。

今回も「フリットン」というパンには単純に感動しました。
その直後にハゼさんに小さなかけらを分け与えたところ、
ハゼさんもきらきらお目々を大きく見開きながら、
「おいっしぃ~」と。ヤツはうまいものには正直です。

そうなんです。

ここのパンは、小さな子にこそ食べさせたい。

このお店の名前「ダンディゾン(フランス語で"10年後"の意)」が
示すように、「10年後」の健康にまで気を遣って素材を選び、
こだわって作った、あるがままのパン。

この店の売りは、店構えのおしゃれさや奇抜さだけではなくて、
むしろそういう本物のパンに対するこだわりにあるようです。

もちろん添加物など使っていないのでしょう。
それが証拠に、去年の夏にハゼさんに食べさせようと思って
買ってきたS100(豆乳100%、油脂、砂糖なしの食パン)は、
うっかりいたちむらが冷蔵庫に入れずに放置していたら、
あっという間にぐにゃっとウェットな感じで腐っていたんです!

パンが腐る!

かびるのならともかく、そんな光景、なかなか見ませんて。
しかもこのパン、腐っても独特の芳香を放っており、
混じりけのないパンは死に際もこんなに美しいのかと、
ある意味ダンナくんとしばし感動したほどなのでした。

大人が食べるにもおいしいけれど、
ぜひ小さなお子さんに、離乳期の赤ちゃんの手づかみ食に、
いたちむらはオススメします。
普通のパン屋よりちょっと高いけど、まあそこはね…
小さい時にいろんな味体験しとくのは、宝だと思います。

店内は赤ちゃん連れでもまったく問題ありません。
地下にある店内に降りる時は緩めの階段しかありませんが、
ベビーカーでも何とかガッタンゴットンと降りられます。
いたちむらはいつもその手で昇り降りしていますよ~

お店に入ったら、お姉さんに希望の商品を言うと
トングで取ってくれてレジまで運んでくれるので、
たとえ両手が抱っこや荷物でふさがってても大丈夫。

ちなみに我が家は吉祥寺に来るとたいていここに寄りますが、
夕方以降にはほとんど売り切れてしまうほど人気なので、
寄るのを後回しにすると買い損ねてしまうのです。

そんなわけで、ここ最近はずっと涙を飲み続けていましたが、
やっと先週わざわざ早めに寄って何とかお目当てが買えました。

いみじくも、V6の長野くんが言っていた格言を
ダンナくんが覚えており、それを実行した結果の成功でした。

「パンは目にした時に買え」

そんな言葉だったと思いますが、そのこころは、
パンは見つけた時に買わないで「あ、じゃあ帰りにでも」
なんて言っていると、おいしいお店のは売り切れてしまうので、
どんな用事があっても欲しいと思ったら後回しにしない、
という意味だとか。グルメオタクは言うことが違います。

吉祥寺に来たら一度は行ってみる価値あり!

ダンディゾン (Dans Dix ans) (パン / 吉祥寺)
★★★☆☆ 3.0

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2008/07/30 12:08】 | 中央線吉祥寺 | トラックバック(0) | コメント(3)
| ホーム |
プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
甘えっ子4歳女児のハゼさんを育児中の働く母。東京在住。

うまいもの・珍しいものを生涯かけて食い尽くすのが夢の食いしん坊夫婦に、がっつき大食い赤ちゃんが加わって、食道楽はさらに加熱中!

赤ちゃんがいてもファミレスでご飯なんて許せない!
赤子連れで行ける外食スポット、お出掛け先の赤ちゃんケアスペース、最近食べたおいしいものをレポートします。


ブログランキング参加中です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

役に立った記事がありましたらぜひぜひ1クリックしてって下さ~い♪

ブログ内検索

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
ゆかいないたち村 にもぜひどうぞ~

cupgasane2.jpg

♪仕事と子育てに追われる毎日を楽しくしたい!寝ない赤ちゃん育児術、離乳食や母乳育児、家事のことなどなど、生活改善レシピをご提案!
育児グッズレビューも満載です♪

「ゆかいないたち村」へGO!

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。