カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

月別アーカイブ

12 | 2008/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♪                        赤ちゃん連れでも外食したい!食いしん坊一家の赤ちゃんと楽しむ食道楽日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
荻窪 中華徳大
tokudai.jpg

この週末に実家の父が東京に来てくれたので、
中華好きの父を以前から連れて行きたいと思っていた
荻窪駅から徒歩4分ほどの「中華徳大」に行って来ました。

このお店、テレビなんかのメディアでもばんばん
取り上げられてる有名店みたいですね。
我が家は確か「王様のブランチ」と「アド街」で見たのが
きっかけで徳大を知ったんじゃなかったかと思います。

でも、店構えは実にフツーの、庶民的中華のお店です。
しっかしこの店、さすがに有名店なだけあって、

営業時間は基本的にいつも満員行列

いたちむらは徳大入店は今回で二度目。
一度目はハゼさんがまだお腹にいた妊婦の頃。
この時は良かったです。赤ちゃんはお腹にいてくれれば、
ほんとに親の方はいくらでも好きなように過ごせます。

座席は真ん中の厨房をぐるりと囲むカウンター席だけで、
その後ろに食券を持った次のお客さんが所狭しと待機します。
お腹が多少大きく邪魔ではありましたが、まあ問題ありません。

しかし、今回は赤ちゃん連れ

一度目に行った時、あまりにチャーハンがおいしかったので、
ハゼ誕生後もいつかはまた徳大に行ってやろうと、
そのチャンスを虎視眈々とつけねらっておりました。

でも、このお店の構造と混み具合から考えると、
どうやっても0~1歳児向けではありません。

でも、ついに行っちゃいましたよ~
ハゼさんはダンナくんがベビービョルンで抱っこして、
その状態のままカウンター席に座って一通り食べました。

今回の注文は、五目チャーハン、ほうれん草チャーハン、
黒酢酢豚、豚軟骨の四川風炒めの4品です。

写真、またしても食べかけですみません。
とりあえずがっついてから、気付くんですよね…いつも。
こちらはほうれん草チャーハンです。
ぷるぷるの豚肉がてっぺんに乗ってました。

お目当てのチャーハンももちろんおいしかったですが、
いたちむら一家が揃って絶賛したのが「豚軟骨」。

コリッコリの軟骨の周りに柔らかなゼラチン質。
出来たて熱々がすぐに目の前に現れるのも魅力の一つ。
しかし何と言っても…

タ、タレがうまい~!!

甘辛具合、うま味、もう絶妙のタレでございます。
店主のおじさんが「チャーハンにかけるとうまいよ」
と教えてくれたので実行すると、これまた絶品…
父も大喜びで、タレの最後の一滴まで堪能してました。

このお店、お味や臨場感などの雰囲気もなかなかですが、
お店の人達の人間味あふれる暖かな接客も素敵です。
初めてのお客さんにも常連さんにも、カウンター越しに
うるさくもなく、冷たくもなく、程良い声かけをしてくれる。

カウンターから覗いた先にはすぐ目の前で中華鍋が振られ、
切り株のようなまな板の上で中華包丁が勢い良く動く。
自分でも料理をする父などはその光景も十分楽しめたようです。

もちろん授乳するスペースも、そんな雰囲気さえも
全くないので、乳幼児連れの方にはかなりハイレベル。

ちなみに荻窪は西友の4階ベビー用品売り場に
授乳スペースも含めた休憩室があるのでそこが使えます。
ルミネにもオムツ替えコーナーがありました。

チャーハン好きの方はぜひチャレンジを!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/01/22 01:27】 | 中央線荻窪 | トラックバック(0) | コメント(2)
鮨 魯山 新宿店(伊勢丹新宿店内)
sushi-rosantsuru.jpg

お正月は実家に帰らず東京で過ごしたいたち家。
2日にはデパートの初売りなどもあるので、
買い物はしませんが、何となくにぎわいの
雰囲気だけ味わいに新宿に出かけて来ました。

年末年始、自宅では火の通った献立が多く、
また魚ものを食べてなかった気がしたので、
お出かけの帰りに鮨を食べようということに。

うちはいわゆる「廻るお寿司」はあまり食べません。

いや、別にいばってるわけじゃございません。
がっつき怪獣と専業主婦をダンナくん一人の稼ぎで
養ってもらってる貧窮問答歌が聞こえるような家庭です。
でも、せっかくたま~~にお寿司食べよう、
と心に決めたなら、おいしいの食べたいしぃ~。
もちろん、廻るタイプでも魚のとれるご当地系だと
めちゃくちゃ安くてうまいのもありますけどね。

まあ、とはいえ、どうしても乳飲み子連れだと
高級そうな路面店にはいろんな意味で入りづらいです。
他に来ているお客さん達に迷惑かけてはいけませんし。

そんなわけで、今回入ったのは新宿伊勢丹内、
レストラン街の「鮨 魯山」。

夕方5時半くらいから並びましたが、約一時間待ち。
正月初売りの日のデパートはなかなか混みました…
まあデパート内なので寒くないし、並ぶところも
椅子に座っていられるし、交替でトイレ行ったり
赤ちゃんとその辺散歩も出来るし、便利ではあります。

やっと席について頼んだのは「鶴」、3000円也。
冒頭の写真のにぎりに、シジミのおみそ汁と
デザート(この日はメロンと柑橘系ゼリー)付き。

で、肝心のお味の方は…

デパート寿司としてはまあまあ、という感じでした。
ネタはどれも合格点で、都会のお寿司らしく柔らか。
(地魚系のご当地寿司って生きが良いっていうか、
元気過ぎるというか、歯ごたえがあると思うのは私だけ?)
イクラなんかは程良くプリプリ感もあって◎。
いたちむら的にはウニがなかなかイケました。

あとこれは個人的な好みですが、
醤油はいろいろブレンドされてて薄いのが残念。
いたちむらは、豆と小麦と塩しか使ってない、
自然醸造の濃厚なお醤油で生魚を食べるのが好きです。
キッ○ーマンとかの普通の醤油はたいてい
アルコールが入ってて、薄められてるんですよね。
はい、すいません。ぐたぐたうるさいんですよ、私。

こちらの醤油はヤマサ醤油をベースに、みりんと酒、
鰹節などをブレンドしたオリジナルだそうです。
また、寿司用と刺身用はブレンドが違うらしい。
こだわりはあるみたいですが、ちょっと薄かったです。

さて、我が家の赤子ハゼ丸はそろそろ1歳5ヶ月で、
たいていのものは大人と同様に食べられます。
とはいえ、生ものはまだ食べさせていないので、
にぎりの穴子と、味噌汁のシジミを少々。
それと、こんな巻物を作ってもらいました。

sushi-rosannorimaki.jpg

すいません、また食べかけで…
卵と納豆巻きの二種類でこちら合計1000円。
魚ネタでないのにこの値段はちと高いです。

赤ちゃん、なかなかおいしく食べておりました。
ただ、もう少し小さめに切ってもらえば良かったな。
これは大人用と同じ大きさにしてもらったんですが、
納豆巻きをくわえたハゼさん、一瞬固まってました。

店員さんの応対はとっても良かったです。
年始ということで、常連さんに挨拶している姿を
何度も見かけました。固定ファンが多いのですかね。

赤ちゃん連れは少数派。年配のお客さんが目立ちました。
まあ伊勢丹はベビー休憩室もあるし、
赤子連れで鮨!という欲求がわいたら、また寄るかも…

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2008/01/04 01:00】 | 山手線新宿 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
甘えっ子4歳女児のハゼさんを育児中の働く母。東京在住。

うまいもの・珍しいものを生涯かけて食い尽くすのが夢の食いしん坊夫婦に、がっつき大食い赤ちゃんが加わって、食道楽はさらに加熱中!

赤ちゃんがいてもファミレスでご飯なんて許せない!
赤子連れで行ける外食スポット、お出掛け先の赤ちゃんケアスペース、最近食べたおいしいものをレポートします。


ブログランキング参加中です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

役に立った記事がありましたらぜひぜひ1クリックしてって下さ~い♪

ブログ内検索

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
ゆかいないたち村 にもぜひどうぞ~

cupgasane2.jpg

♪仕事と子育てに追われる毎日を楽しくしたい!寝ない赤ちゃん育児術、離乳食や母乳育児、家事のことなどなど、生活改善レシピをご提案!
育児グッズレビューも満載です♪

「ゆかいないたち村」へGO!

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。